人気ブログランキング |
オーディオ、車、スキー、食べ物、好きな事沢山!趣味は読書と音楽鑑賞!
by soundbox1960

カレンダー
カテゴリ
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
最新のコメント
いらっしゃいませ、元新潟..
by soundbox1960 at 21:11
>「生やん、あの音。レコ..
by 元新潟のU at 21:04
御世話に成りました、傳七..
by soundbox1960 at 21:02
先日はご来店ありがとうご..
by 傳七茶屋 at 21:30
いらっしゃいませ、元新潟..
by soundbox1960 at 15:26
最新の記事
ブログジャンル
by soundbox1960 | 2019-06-28 20:53 | ジャズ喫茶、音楽喫茶 | Trackback | Comments(0)

ジャズ喫茶と云うより、とても落ち着く隠れ家的友人宅の様な御店(ジャズ喫茶:バリレラ)

お腹が膨れた後は、此れもFacebookの「JAZZ喫茶&BAR」と云う非公開グループで知り気に成っていた此方に。

と、言っても実はグーグルマップを使っても御店が判らず、、、

御店は此のビルの中です
d0245240_00041659.jpeg

まっすぐ入った所にある掲示板で確認 本館 2D ジャズ喫茶 バリレラ 確かに御座います。
d0245240_00045719.jpeg

2階に上がって、左手を見ると
d0245240_00061870.jpeg

奥まで進んで、到着
d0245240_00064535.jpeg



マンションの1室が御店です。
席は8席程でしょうか。

メニューもジャズ喫茶らしくトースト以外は飲み物のみ。
いや、昔の音楽喫茶を思い出して個人的には好感が、、、


こぢんまりとした空間で落ち着きます
d0245240_00123885.jpg
d0245240_00125212.jpg


で、アイス珈琲
d0245240_00134875.jpeg
スッキリした味でとても美味しいです。
相当拘られている様な、、、もしかすると、自家焙煎、、、


紅茶
d0245240_00153419.jpeg
此方もオリジナルブレンド。


そして、システムは
d0245240_00161800.jpeg

ステレオレコード用のプレーヤー
d0245240_00184012.jpg
ターンテーブルがGarrard 301、トーンアームはSME 3009S II IMPROVED、カートリッジSHURE V15 TypeⅣ。
極めて真っ当な、理にかなった組み合わせかと。


モノラルレコード用のプレーヤー
d0245240_00233615.jpg
Garrard 4HF、カートリッジはGENERAL ELECTRIC Variable Reluctance 通称バリレラ、此の御店の名前です。
とても綺麗な状態で、此れが見られただけで御邪魔した甲斐があったと、、、


プリアンプ
d0245240_00342662.jpg
LEAK VARISLOPE。
此れも驚く程綺麗な個体です。


パワーアンプ
d0245240_00364373.jpg
LEAK STEREO 60。
いや、同様に美しい個体。


スピーカー
d0245240_00391477.jpeg
d0245240_00392735.jpg
Doug Sax custom-tuned “Super Red” Altec 604E2 monitors。
ALTEC 604Eにウーファーを加えたシステムです。
ネットワークもオリジナル。


とてもジャズに寄り添った音で、御主人の音楽に対する愛情が感じられる音。
取り分けモノラルは店名にその名を付けただけあって、楽器のエネルギー感が伝わるジャズがジャズとして感じられる音でした。
(掛けて頂いたレコードもオリジナル、もしくはそれに準じた物で極上!!!)
レコードコレクションも含めて、機器に伺う価値のある音だと思います。

最初、スピーカーが何か判らず、JBL 4343系?にしては、LEAKできっちりグリップして鳴ってる?!でも、一部の音は耳慣れたうちの音に近い、、、
ALTEC?でもこんな個体あったっけ???
でしたが、御主人がサランネットを外して下さり納得。
ALTEC 604Eが主体のシステムでした。
手に入れて鳴らして2年程との事でしたので、未だ未だ滑らかな艶の乗った音に変化していくのでは、と多きに期待。
うん、此の御店、ちょくちょく寄らせて頂こう。
レコード素晴らしいし。


ヨメと2人で貸し切りでしたので、とてもリラックスした時間を過ごさせて頂きました。

通えば教えて頂ける事が沢山ありそうで、、、
本当に良い御店に巡り会いました。

御馳走様でした!!!

by soundbox1960 | 2019-06-15 00:54 | ジャズ喫茶、音楽喫茶 | Trackback | Comments(0)

鈴鹿の御店なのに知らなかった、、、なので、行ってみました(ジャズ喫茶:Coffee Jazz Carrera)

土曜日(6月8日)、ヨメは友人とランチで不在でしたので、Facebookの「JAZZ喫茶&BAR」と云う非公開グループで知った此方の御店に。

d0245240_21354104.jpeg
d0245240_21355885.jpeg




中は
d0245240_21370434.jpg

程良い音量で、ジャズが流れています。

で、迷わず「日替わりランチ」
d0245240_21391509.jpeg
此の日のメインは鶏肉のチリソース炒めでした。
ちゃんと手作りされたランチプレートで、鶏肉のチリソース炒めは程良く辛く、比較的大人向けの味付けで美味しかったです。
他の御料理も丁寧な仕事が伝わってくる感じで、味も濃く無く丁度良い感じでした。


さて、スピーカーは
d0245240_21502433.jpg
d0245240_21504594.jpg
Lo-D(今は無き日立のオーディオブランド〕HS-40F。
もう30年以上前のスピーカーなので、エッジは大丈夫?と思って覗くと、ギャザードエッジでした。
(当時のウレタンエッジでしたら自然に酸化してボロボロに成ってます)


ソースはアナログレコードのみで
d0245240_21565010.jpg
レコードプレーヤーは、SONY PS3700。
此れも古い製品ですが、毎日回ってきた個体だからでしょうか、普通に御仕事をしていました。


アンプは
d0245240_21592922.jpg
Pioneer A10。
アンプは最近(と、言っても7年程前)の製品。


自然体でジャズが楽しげに鳴っています。
オーディオがあーだ、こーだと云う音で無く、無理の無い自然体。
毎日の様に音楽が鳴らされたスピーカーだけが持つオーラの様なものが。
ジャズが好きな事がしみじみと伝わってきます。

うん、此の雰囲気の中のランチは良いです。


で、この夏、鈴鹿で開催されるジャズ・フェスのPRをブログでする様に御願いされましたので
d0245240_22094802.jpg
d0245240_22100303.jpg
d0245240_22101527.jpg

御馳走様でした!!!

by soundbox1960 | 2019-06-12 22:10 | ジャズ喫茶、音楽喫茶 | Trackback | Comments(2)

時間が在ったので途中で寄りました(タンゴ喫茶:チ・ケ)

さて、大阪行きですが、今回はクルマ。
帰りの電車が無くなりますので、、、

で、新名神道は通らず、亀山から名阪国道。
天理ICから西名阪道経由で松原JCTから阪神高速に入った辺りで、思ったより早い時間。

ならば寄るかと、文の里で降りて此方の御店へ。

d0245240_22393288.jpeg



実家の近くにあって、死んだ親父が珈琲とタンゴが好きだったので、よく連れて行って貰いました。
なので、珈琲を飲み始めたのは小学校低学年、、、
まぁ、高校生以降は一人でプラッと寄ってました。

2年半振りに御邪魔しましたが、御店の空気感、御変わり御座いませんでした(^o^)

システムも2年半前と変わり無く心地良い音でタンゴのリズムを刻んでました。

TANNOY Lancaster、ユニットは15"Monitor Gold
d0245240_22474458.jpg

プリアンプ、Accuphase C-222
d0245240_22483264.jpg

パワーアンプ、WE350pp
d0245240_22493619.jpg

レコードプレーヤー、DENON DP-1300MK2
d0245240_22520204.jpg
カートリッジはDENON DL103。


その前のシステムは此方の記事を御覧下さい。
スピーカーは半世紀前から変わらずTANNOY Lancasterだったと思うのですが、パワーアンプはDynaco MKⅢだった事もあった様な、、、

タンゴがタンゴらしく踊る様に鳴っている事に変わりは無い様な気が致します。
とても心地良い音。
ただ、音源は全てレコードで、アルゼンチンプレスの古いレコードもよく掛かっていますので、音源の音は越えられませんので、、、
それでも聴き易く纏めていると思います。


この日は暑かったのでアイス珈琲
d0245240_23024366.jpeg

ゆったりとタイムスリップした様な時間を過ごさせて頂きました。

御馳走様でした!!!

by soundbox1960 | 2019-05-27 23:03 | ジャズ喫茶、音楽喫茶 | Trackback | Comments(0)

普通に自然体の喫茶店なんですが、レコードでジャズが流れてます(ジャズ喫茶:Long Wark Coffee)

神戸から大阪に戻って、珈琲を飲みに此方の御店に。

d0245240_17524372.jpeg



四日市に帰る前に何処かジャズ喫茶でも、と思ったのですが昼から営業の御店か夜営業のジャズバーしか無さそうで、、、
まぁ、時勢柄そんなものかと思いつつ、検索していて此の記事が目に付き行ってみる事に。
10:30過ぎに御邪魔したのですが、結構沢山御客さんが、、、

ジャズを聴きに御一人様はもう御一人だけの様で、後はカップルか友人と。
ジャズ喫茶と云う雰囲気では無く、入り易い明るい御店で雰囲気はとても良いです。
そこそこの音量でレコードが鳴っているのですが、会話の邪魔に成らず良い感じ。

ハードタイプのジャズ喫茶は勿論好きですが、こう云うソフトタイプのジャズ喫茶、矢張りアリだと思います。
こう云う御店で、ジャズやレコード、スピーカーを通しての音楽再生に少しでも興味を持って頂けると、少しでもジャズファンやオーディオファンが増えるのでは無いかと。
でないと絶滅危惧種ですから、、、


まぁ、矢張り歩くと喉が渇くので「水出しアイスコーヒー」
d0245240_18101677.jpeg
とてもスッキリした味で美味しいです。
フードメニューも充実していて、たっぷりと朝御飯を頂いていなかったら、、、
此の味なら他のメニューも期待出来ると思います。


プレーヤー
d0245240_18120170.jpeg

プリメインアンプ
d0245240_18122880.jpeg

スピーカー
d0245240_18124880.jpeg

本当に一昔前、一寸オーディオに凝っている一般家庭で鳴っていた様な組み合わせ。
御店に寄り添った、中々良い音で鳴ってます。
御店の空気に合っているので自然です。
「聴け!!!」って音では無く、自然にジャズがある雰囲気。


結構、ほっこりと和んだ時間を過ごさせて頂きました。
写真を撮らせて頂いても、との声掛けに、どうぞどうぞとアンプの棚も開放して下さる柔らかい御主人の対応が此の御店を表している様な、、、

御馳走様でした!!!

by soundbox1960 | 2019-05-24 18:18 | ジャズ喫茶、音楽喫茶 | Trackback | Comments(0)

門前の小僧習わぬ経を読むと言うか、、、(喫茶店:リッチモンド)

さて、予定の時間迄に未だ余裕があったので、次は珈琲と、、、
ヨメが助手席で色々ググって、「此の御店どう?」と。
普通の喫茶店?
ああ、ミニカー飾ってはるんや、面白そうやな。
行こか。

で、御邪魔しました。

d0245240_15225255.jpeg



さて、此の御店、分類に困りました、、、
珈琲を頂きましたが、至って普通。
ブログに敢えて掲載する事もそれだけでしたら無かったのですが、、、

入店すると良い感じのジャズが鳴っています。
店に馴染んだとても良い感触の音。

あれ、と奥を見ると
d0245240_15343478.jpeg

此れが鳴ってました
d0245240_15350401.jpeg
ALTEC Model 9861。
A-7Xを民生用にモディファイした30年程前のスピーカー。
昔から此の御店で使い込まれたのか、本当に御店に馴染んだ音で鳴っています。
角が無く、それでいて伝えるべきは伝える、そんな大人の音で。

いや、此の御店を「ジャズ喫茶」として紹介したら、御店に迷惑かな、、、
レコードやCDを選んで掛けている様子は無く、多分音源は有線だと。
でも此のリラックス出来る音は、矢張り記録に残したいと。
取り分け女性ボーカルの雰囲気は、良いなぁ、と思いました。


そして、入り口右側のミニカー展示は
d0245240_16260067.jpeg
d0245240_16261222.jpeg
d0245240_16262202.jpeg
d0245240_16263723.jpeg

しかし、ヨメもよくこんな御店、探すなぁ、、、
可哀想に、悪い病気が移ったらしい、、、

それは兎も角、昼間しか営業されていない御店の様ですが(10:00〜14:00)、お近くの方は是非。
こう云う、再生音もアリだと思います。

御馳走様でした!!!

by soundbox1960 | 2019-05-12 16:32 | ジャズ喫茶、音楽喫茶 | Trackback | Comments(2)

御洒落なカフェ、でも判る人には判る此の店名、、、しっかりジャズが流れています(ジャズ喫茶:ジムランコーヒー)

さて、木曜日(5月2日)、職場に顔を出して、ヨメは実家に行ったので此の日は一人。

御昼御飯は「いちりん」さんで済ませて(一人でも当然入り易い御店です)、前から行ってみたかった御店へ。
Facebookに「JAZZ喫茶&BAR」と云う非公開グループが御座いまして、其方で存じました。

d0245240_20021541.jpg



さて、豆の量り売りもされている珈琲専門店です。
焙煎機も設置されていて、自家焙煎です。
(珈琲豆を購いましたが、丁寧な焙煎で美味しかったです)
そして、店内は御洒落なカフェで賑わっています。
当然私語禁止では御座いません。
なので、ブログの分類を迷いましたが、店名が「ジムラン」、、、そうです、オーディオヲタなら知らぬ者は居ない「JBL」、略さないと「James Bullough Lansing」、あの偉大なる米国のスピーカーメーカー。
当然鳴っているのもジャズ。
なので、一応、ジャズ喫茶に分類致しました。

ガチガチのジャズ喫茶では御座いませんので、「ジャズ喫茶って?」と云う方には是非行ってみて頂きたいと。
珈琲専門店ですから(^o^)
(システムといい、選曲、音、完全に本格的なジャズ喫茶なんですけれど、、、)


入って直ぐの壁には
d0245240_20155169.jpg

丁度空いていましたので「宜しいですか?」と御主人にことわって特等席に
d0245240_20190470.jpg
先ずアイス珈琲、その後、コロンビアを頂きましたが、丁寧に点てられた美味しい珈琲でした。
いや、心地良い音と美味しい珈琲、至福です。


スピーカー
d0245240_20405740.jpg
JBL D40001 Harkness。
実はハークネス、ユニット違いで色々種類が御座います。
ユニットが何かを伺おうとしたら入り口に明記してあったという次第で、ウーファーが130A、ミッドハイが175DLH、ネットワークがN1200です。
今となっては市販品では珍しいバックロードホーンで、ハークネスのエンクロージャーであるC40は、元々縦置きのC34を横置き用に構造変更したものです。
しかし、とても綺麗な個体でした。


アンプとプレーヤー
d0245240_20495057.jpg
プリアンプはMARK LEVINSON ML-7L、パワーアンプはJBL SE408S。
レコードプレーヤーはLINN SONDEK LP12。
此のJBLのパワーアンプ、基板の一部がプラグインで変更出来、自社のスピーカーに合わせて特性の補正が出来ます。
(但し、1970年製のアンプですから、当然当時のジムランのスピーカー、例えばハークネス、に合わせての特性ですので、念の為)


耳障りな所が無く、自然で聴き易い、それでいてジャズの熱さは伝わる様な素敵な音でした。
そこそこの音量で鳴っていましたが、全く会話の妨げには鳴っていない様で、それだけ心地良い音だったと思います。
結構、珈琲を点てるのに忙しいと思うのですが、音源はあくまでLP。
此処の此の御店の拘りが感じられます。
その拘りを感じさせる様な素敵な音でした。
勿論珈琲も素敵に美味しかったです。

矢張り、ジャズ喫茶に対して敷居の高さを感じられている方に是非行って頂きたい御店かと。
ジャズって楽しいですよ。

御馳走様でした!!!

by soundbox1960 | 2019-05-07 21:11 | ジャズ喫茶、音楽喫茶 | Trackback | Comments(0)